ExciteホームDropトップサイトマップ
HIP HOP/BREAKBEATS music Web Magazine
トップ レーベルリスト ブログ ニュース ムービー モバイル ショップ
ダースレイダーのCOSMICSLOP~FUNKのどぶ河の中で…
<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
exciteにてBLOG旗揚げ!!!
みなさん、コニーチワ!
今日からここでCOSMIC SLOP、宇宙のどぶ河に垂れ流されていくマイ日常を不定期に書き綴っていこうと思います。
音楽、映画、漫画、カレーなどを行ったり来たり右往左往さまよう模様をお楽しみいただければこれ幸い!HAPPINESS IS A WARM GUN!

では10.30日辺りの出来事からどぞ!

今日は銀座へTHE SOURCEとの打ち合わせに。
Tと一緒に行って来た。
今月号のTHE SOURCE、目玉は・・・
「日本のHIPHOP、マイク5本評価をすべきか否か!」

元来、アメリカのTHE SOURCEはアルバムレビューにおいてマイク5本を最高とした5段階の点数をつけている。でも日本版では日本の作品のレビューに点数はつけていない。

つけるべきか?否か?

が特集の要点。ちなみに読んだところ、両方の意見を載せてるようだけど、どっちかってゆうと点数をつけるべき意見を大目に(5人の意見で4:1)取り上げてたネ。
もっとも自分トコの本家の目玉企画なワケだから当然か。
登場人物(ほぼ知ってる人だけど)の傾向にある種のバイアスは感じますが・・・

フリーペーパーなんで是非読んで欲しいところ。

で、俺がどう思うかというと・・・
単純にモノを出してる人間として。
「イイ点もらえたら嬉しいし、悪い点だったらむかつく」
これに尽きます。

で、やるかやらないかに関しては・・・
やれば良いんじゃないの?とも思います。

意見として「点数付け」をしてかないと日本のHIPHOP文化が死ぬとか、いまの小さいシーンで点数付けをするとシーンの縮小に繋がるとか・・・割と大きい話が出てきますが。

雑誌の点数くらいで死ぬ文化なら死んでヨシ!
で、別にそんな程度の文化なら死んだとこで俺には影響なし!

ちなみにこの点数制度。
免許だったり大学受験だったら・・・足りなきゃ不合格で。
いろいろ弊害があります。のび太のママも怒ります。

でも雑誌がCDに点数つけるのは。
その雑誌の一意見に過ぎないし、なんの拘束力もない。
もちろん同調するリスナーが増えるとかいろいろあるでしょう。でも同調するリスナーが増えるだけの説得力のある誌面作りをしてるなら、それも雑誌のスキルのウチ。

逆に雑誌の傾向は肌に合わないなら・・・
「この雑誌が高い点つける作品って俺どうも苦手なんだよな~、むしろマイク1本や2本のもののほうが俺は好き」
でもイイわけです。
「このライターはマジで信用出来る!俺と好みが一緒だ!」って思うなら大いに参考にしてもヨシ、なワケです。

過去、NASのILLMATICとかが5本取得してますが、嫌いな人だっているかもしれない。
LILKIMの新譜が5本取得してますが、俺はシングルしか聴いてない。

あと、人の作品に点数をつけるような雑誌なんだな~・・・と見てもいいわけです。その立場に居るだけの仕事はしなきゃいけないわけ。でも、昨今、大学の教授もテストの点数を学生にバイト代払ってやらせるご時勢ですが。

さて。点数はつけてもいいと思うけど。
同時に俺個人の感覚としては。点数つけるのには嫌悪感があります。だからミュージックマガジンはそれこそ自分がラップなんかやる遥か昔から嫌いだったし。

なんで、俺の場合。自分の音楽は・・・
「ミュージックマガジンで0点を取る」ものであっても良いんだな。
「マイク0本・・・じゃアカペラか??」
みたいな、ね。で、それが好きって人が居ても良いと思う。
と、まあ話の切り口も増えるわけです。
曲に出来そうならするかも。

で、冒頭でも言った様に。
「イイ点なら嬉しいし、悪い点ならむかつく」
ってのが正直なトコでしょう。

ただ、だから点数つけるな!とは言わないのね。
大いにつけるべし!で、それに付随する色々にも付き合ってくべし!

ま。人間、電車にのれば心の中で目の前の異性に点つけたりはしてますしね。お前40点!とかさ。
森進一はきっとカラオケで自分の歌歌っても点数低いと思うしさ。
ちなみに最近はネットでレビューサイトみたいなのも増えてるみたいで、点数付けたい人はいっぱいいるみたいです。
でもその点数に対する論拠が弱い、ないしは無いものが多いけど。


さて、みなさんどう思いますかね?
ちなみにTHE SOURCE、宇多丸さんの写真、しばらく本人だと気付きませんでした・・・

ちなみにその宇多丸さんが昔提案してた・・
「全レビュー、けなした方がいいんじゃないの?」
ってのは思考訓練としてもバッチリだとは思った。

ちなみに写真のカレーは池袋bed前にあるgreat indiaのサグマトン(ほうれん草とマトン)のカレー。セサミナンと一緒にいただきました。値段も併せて800円くらいで、味は素晴らしい!
店内ではインドのDVDが流れ、店員は全員インド人です。

ちなみにちなみにを4連発してみましたが、間違った使い方の気がすごくしますね~
[PR]
by darthreider | 2006-10-31 02:51 | Comments(0)


Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム