ExciteホームDropトップサイトマップ
HIP HOP/BREAKBEATS music Web Magazine
トップ レーベルリスト ブログ ニュース ムービー モバイル ショップ
ダースレイダーのCOSMICSLOP~FUNKのどぶ河の中で…
カテゴリ:映画・本・漫画とか( 3 )
漫画で爆笑だ~!
という連載を地味に月刊ラップでやっておりますが・・・

11月末はドドっと色々なリリースがありました。
一気読み!が肝心です。

c0100926_17311987.jpg


プルートウ・・・さすが浦沢直樹!最早現在における手塚とも言える作家性を持った人なので、このリメイクには興奮必至です。
思わせぶりな画が多すぎる気もするけど(モンスターくらいの匙加減が好み)、原作とは全く違った観点ってのが素晴らしいです。どうなるアトム?

ベルセルク・・・いつの間にか終わってたんじゃないの?ってくらいご無沙汰だったけど、やっと物語が動き始めた。昔、PCゲームのダイナソーってのがあってそれの主人公のアッシュってヤツと似てますネ、ガッツ。PC98時代か・・・んで、鷹の団の最強っぷりから言って作者が手詰まりにならなきゃイイんだけど・・・

DMC・・・出た!最強の音楽漫画!正直beckより全然面白いです。MCバトルに関しても・・・前に出てきたラッパー、牙もイイキャラだったな~
殺害せよ!殺戮せよ!クラウザー最強!おしゃれポップ!

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN・・・ガンダムは頑張ってもZまでな俺なので。こいつはバッチリすぎる作品です。絵の丁寧さが素晴らしい!少しづつテレビとズレて来てるので興味がつきません。ちなみに旧ザクがフォルム的に好きです!

バガボンド・・・これまたどこまで行くのか??スピリチュアルになりすぎないで欲しいところ。
ちなみに実際の宮本武蔵、様々なキャラが伝えられているけど。つげ義春が描いてるキャラがマヌケで好きだったりするな~

なんで・・・
皆さんの好きな漫画も教えてください!
[PR]
by darthreider | 2007-11-30 17:31 | 映画・本・漫画とか | Comments(29)
ハロウィンのすごし方
ハピー・ハロウィン!

と、コクラン氏は言って去っていった。
マイケル・マイヤーズがどこかに潜んでいる・・・

というわけで。なんかしら気分には浸りたい季節、一気に原点回帰をするために。
二日間かけて。

ハロウィン1、ハロウィン2「ブギーマン」、ハロウィン3

を一気に観てみました。途中、メイキング・ドキュメンタリーも。
本当は31日に観たかったんだが、予定のつまり具合からフライイングで。

c0100926_15351548.jpg


これがザ・シェイプ、マイケル・マイヤーズだ!

ハロウィン1は言わずもがなの素敵な作品。
小学校くらいで見たときはずっと椅子の後ろに隠れてた気がする。
基本的に・・・ホラーは苦手!怖い!だから観ちゃう・・・
1のマイケルがやっぱ一番凄い気がするな~
クロゼット破壊する時とか凄いよネ。
あと、やっぱオープニングの仮面剥いだ瞬間の画はおお!って思っちゃいます。

2は。随分久しぶりに見て。
やっぱ全部説明的に観えちゃう。ジョン・カーペンターが編集し直してるんだけど、編集直す前のダメ出しバージョンもこうなったら見てみたい。
ちなみに血で滑って頭打って気絶!するシーンが大好きです。
熱湯で殺されるのも怖いね~

c0100926_15354110.jpg


3も。随分久々というか、ほぼ観た記憶も薄れてたけど。
マイケル出ないってコトで随分酷評されてたみたいです。
全然関係無い作品として観ると結構好きなんだが・・
なんか手塚治虫とかの短編でありそうなスリラー・サスペンス。
同じ顔した連中の構造はどうなってるんだろう?人形って設定なんだろうけど・・・あの口から出る変な液体は??
モーテルの場面では・・・あれ?こんなに簡単にセックス出来るの?
と驚いたもんです。いいないいな~

ドキュメンタリーも面白い。
で、やっぱこのシリーズの肝は・・・

音!

ジョン・カーペンター自ら手がける曲が凄すぎる!
四分の五拍子のピアノの旋律=戦慄。
映画館で画面見ながら耳を塞いでる客が居たというのもうなづける。

さて、そんな合間を縫って作詞作曲してますが。
気分転換に暴動!島根刑務所でも観るか・・・

31日の夜はベッドのパーティーが面白そうです!

2日もベッドでバトルだねい!
[PR]
by darthreider | 2007-10-30 15:36 | 映画・本・漫画とか | Comments(4)
いましろたかし!!
みなさん、いましろたかしをご存知でしょうか?

漫画家です。

はっきり言って最強クラスです。

でもあまり見かけません。

c0100926_15592176.jpg


初期作品集、ハーツ&マインズ、ザ★ライトスタッフなどなど・・・
表紙の男が山下という。他にも魅力的キャラがタクサン出てくるんだけど。
とにかく・・・人間模様、社会の日陰、どうしようもなく悲しくて、でも笑えてしまう。
ブルースだ。

「武士道とは恐れ入ったぜ」
「ジャスティーに生きろよ」

メッセージは色濃く、虚無感も含めて飲み込まされる。
好き嫌いもはっきり分かれるだろう。で・・・いましろたかしが好きな人とは・・・仲良くなれそうな気がするな。

最近はいよいよ虚無感たっぷりの脱力系作品が多くなったが・・・初期作品に込められた原点的感情はシンゴ西成なら「今に見とけよ」と言い放つであろう、あの感情だ。

だが・・・この状況を変えられるのは・・・最早、地震か戦争しか・・・ない・・・

そんなドン底から奏でられるブルース、アウトローのパンク。

c0100926_166312.jpg


これは超ハードボイルド劇画作者、狩撫麻礼との合作の「ハード・コア」。

世の中にこんなアウト・ローがいたとは・・・

主人公の右近、友達の牛山、ロボットのロボオ、会頭、水沼、弟の左近・・・
登場人物は数少ないがスペースオペラばりのスケール(下方に広がる)。

ハード・コアとはなんたるか?
これを読まずに語る無かれ・・・・

いましろたかし!必読!
[PR]
by darthreider | 2007-01-16 16:08 | 映画・本・漫画とか | Comments(4)


Copyright ©1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム